吉田木工 Yoshida Woodworking.

木のこと、山のこと、環境のこと
未来につなぐものづくり

  • ツクルの森「新しいつながりへのお祭り」に出店いたします。
  • 「/suw(straw×urushi×wood)漆と木のストロー」

吉田木工

Yoshida Woodworking.

私たちが製作拠点にしている京都市右京区京北町には先人が残してくれた沢山の自然があります。四季の中にある紅葉や、水のせせらぎを感じられる風景。いつも質の高い自然が身近にあり、人と自然がうまくバランスを取っています。
大切に育ててきたものだから地元で育てた木は出来るだけ地元で使う。
そんなことを考えながら日々製作しております。

In Keihoku-cho, Ukyo-ku, Kyoto, where we are based, there is a lot of nature left by our predecessors.
A landscape where you can feel the autumn leaves and the murmuring of the water in each season.
High quality nature is always close at hand and there is a balance between people and nature.
Since it is carefully grown, we use locally grown trees as much as possible.
I make it every day with that in mind.

SDGsへの取り組みについて…

吉田木工では持続可能な17の開発目標の中で、『12.作る責任、使う責任』を意識したものづくりを心がけております。
私達は日々の家具制作でどうしても出る端材、また木材の伐採現場や製材所などで出る端材など、何らかの理由により使われなくなりそうな木材を技術とアイデアで使えるモノに変え、ワークショップ等で皆さんに山のことや木のことを知って頂き、ものづくりの楽しさを伝える活動もしております。
また他のプレイヤーとのコラボレーションにより、更なる木材の可能性を追求していきます。

About efforts for SDGs

Yoshida Woodworking is committed to manufacturing with an awareness of "12. Responsibility to make and use" among the 17 sustainable development goals.
We change wood that is unlikely to be used for some reason, such as wood scraps that are inevitably produced in daily furniture production, wood cutting sites and sawmills, into things that can be used with technology and ideas, workshops, etc.
We are also doing activities to let everyone know about mountains and trees and to convey the joy of manufacturing.
In collaboration with other players, we will pursue further possibilities for wood.

お知らせ

2021.10.25NEW ホームページリニューアルオープンしました!
2021.10.20NEW ツクルの森「新しいつながりへのお祭り」に出店いたします。

普段は京北で家具を作っております。山や製材所等でどうしても出てしまう廃材、本当なら捨てられてしまいそうなものあえて使って、大人から子どもまで楽しんでいただけるワークショップを企画しました。

『ハンドプレーン』基本は海で波に乗って遊ぶ為のものです。この里山で作る楽しみを共有し、夏は海に持っていって遊ぶ。山のこと、木のこと、海のこと、自然のこと。海の問題などにもつなげて頂くきっかけになれば幸いです。

2021.01.06 「/suw(straw×urushi×wood)漆と木のストロー」を発表しました!

/suw 漆と木のストロー

Straw×Urushi×Wood

「使い続けるってすばらしい」

現在、マイクロプラスチック問題を受けて、木のストローを採用する動きが進んでいますが、耐久性に難があり、使い捨てされるケースが多いのが現状です。
私たちは、この素晴らしい取り組みを無駄にせず、より継続性のある動きにするために、材料は伐採現場や製材所で出る地元京都の京北産杉材の丸太の端材を使用し、漆によって耐水性と機能性を高め、大切に使い続けることの出来る漆と木のストロー『/suw』を制作しました。

Currently, due to the problem of microplastics, the movement to adopt wooden straws is progressing, but the current situation is that there are many cases where they are thrown away due to their difficulty in durability.
In order not to waste this wonderful effort and to make it a more continuous movement, we use lacquer from the log scraps of local Kyoto Keihoku cedar wood from logging sites and sawmills. We have created a lacquer and wood straw "/ suw" that has improved water resistance and functionality and can be used carefully.